ボンチョコ

目指せ社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!と時々健康を気にします!

【辛い?きつい?】飲食店の社員の仕事【バイトしかいない店舗急増の理由】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は飲食店の社員の仕事について!

 

 

bonchoko.com

 色々あり、今は某飲食店で働いています。そろそろ勤務して1年になり、社員になるか迷っている段階です。

 

 

僕の職場にももちろん「社員」はいます。ただ特殊だなと感じるのは、店舗常勤の社員がいないということですね。何を言っているのか分からない方もいるかもしれませんが、僕の店舗は基本的にバイトだけで店をまわしています。

色々話を聞いていると、この現象は珍しいことではないようです。コスト削減的な考えもあるようですが、店舗数に社員の数が全く間に合ってないのが現状のようです。

 

 

f:id:bonchoko:20210902080255j:plain



 

 

では社員とは普段会わないのか??

そんな事はありません!!

 

ある特定のエリアをまわるエリア社員という役職があります。

 

僕が普段関わるエリア社員は約10店舗を統括する社員で、それなりに偉い役職になっています。

お給料もまあまあ貰っているという話も聞いたことがあり、待遇は良いのかなと思いましたが、、、

やはり仕事内容が半端なく多いという印象がありますね。

 

①各店舗への業務命令や確認

②各店舗でのクレーム対応

③各店舗でシフト出来る人がいない場合のシフトイン

④指導が入った店舗での従業員教育

⑤その他、各店舗での面接やシフト管理等

 

ざっと分かっているだけでこれだけの業務があります。特に目につくのは③ですね。

上記の業務をこなしつつ、バイトと同じようにお店に出て働かなくてはいけません。

シフト出来る人がいなくなるのは夜勤に多いというのも理由の一つになります。

いつ寝るねん!って状態ですよね(笑)

今はコロナ禍でもあり、従業員がほとんどお店に出られない状態になっているという店もあると聞きます。それでも店は開けなくてはなりません。このあたりまだまだブラックですよね(笑)家賃の問題もあり、完全に閉めるのは無理という話ですが、、、

 

 

f:id:bonchoko:20210902080121j:plain

⑤はその他としましたが、各店舗での新規従業員の面接なども社員の仕事になることがあります。これもビックリされる事が多いですが、基本的に面接もバイトがやっています。僕も当時面接して頂いたのはバイトの方でした。すごくしっかりされていたので、実際に勤務して話を聞くまで信じられませんでした。

ただ、誰でも出来るというわけではありません。バイトの中でも役職があって、その基準を満たしている従業員のみといった感じですね。

 

面接が出来るバイトが何かしらの状況で出勤出来ない時に、社員の出番となるわけです。なので、もしこの社員も出勤出来ない!という状態になると面接が中止になってしまいます(笑)これもすごい話ですよね。せっかく応募して面接の段取りまで来ている人が、面接出来なかったのを何度か見ています。こういう場面一つでも、この会社大丈夫かな?と思ってしまいますね。

 

シフト管理もバイトがやっているのですが、これも同じ流れですね。その店舗にシフト管理出来る人がいなければ、社員が作成することになります。僕は今の店舗でシフト管理を行っていますが、けっこう大変なんです。こんなことまでやっていたら身がもたないだろうなと思いますね。

 

このあたりの話を聞くと、社員になろうかなと考える人はグッと少なくなりそうかなとは思いました。給料は本当に良さそうなんですけどね、、、給料だけは(笑)

 

ちなみにですが、僕はその社員より5個くらい年上です。僕は全く気にしませんが、向こうは非常にやりにくそうです(笑)立場ってめんどくさいですよね。

 

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

さてボチボチ社員になるかどうか決断が必要になってきました。今のところ社員にはならない方向で考え始めています。じゃあこの先どうすんねん!って感じですが。

まだまだ悩みはつきません。

 

という事で今回は飲食店の社員の仕事に焦点を当ててみました!

これから飲食店の社員を目指している方は、参考になれば幸いです!

 

では今回はこの辺で。

ありがとうございました!!

【夏はやっぱこれでしょ!お財布にも優しい】麦茶を飲んで水分補給!【元夜勤専門だった筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はこちら!

f:id:bonchoko:20210822153516j:plain

麦茶です!!

 

 

 はじめに

最近まで夜勤で一年ほど働いてきて、体を整える重要性を嫌というほど痛感してきました。日中に働くことも多くなってきましたが、体の事を考えたいという意識は継続したいなと考えています。

36歳になりますが、いつまでも好きなものを好きなだけ!という意識ではいられないなと感じています。本当にすぐ太るし、体がおかしくなっちゃいますね(笑)

 

bonchoko.com

 

 

bonchoko.com

 現在の僕の仕事の状況などはこれらの記事を見て頂けたら嬉しいです!

 

麦茶の効果など

 

カリウム等のミネラルをはじめ、ポリフェノールや血流を良くするアルキルピラジン、チョコレートでよく耳にするGABAなどが含まれています。ノンカフェインである点も嬉しいですね。

 

季節を問わず飲みたい麦茶!もちろんペットボトル等でも良いですが、ティーパックを買ってきて自分で作ると更に経済的ですね。水出しでも煮出しでも作れます。

僕の家では、完全に「煮出し派」ですが、皆さんはどちらでしょうか?好みが分かれるところかなとは思います。

ちなみに職場でも麦茶を出していますが、ここでは「水出し」で作っています。何となく僕は水出しが合わないので、職場のお茶は飲めません(泣)

 

カリウム

ミネラルの一種であるカリウムは水に溶けだします。なので麦茶を飲む事で余すことなくその成分を取ることが出来ます。カリウムは体内の余分な塩分を体の外に排出する効果があります。

 

bonchoko.com

 

 

bonchoko.com

 これらの食材にもカリウムが豊富に含まれています。

 

ポリフェノール

 

ポリフェノールには抗酸化作用が期待できます。体の酸化を防いでくれる嬉しい効果があります。

 

アルキルピラジン

アルキルピラジンには血液をサラサラにしてくれる効果があります。麦茶の香ばしい感じはこのアルキルピラジンによるものです。これにより冷え症に良く、また心筋梗塞脳梗塞などを予防してくれる効果もあり、積極的に取り入れていきたいものとなっていますね。

 

GABA

チョコレートで良く目にするこの成分は、アミノ酸の一種で主にイライラを鎮めてくれる効果があります。血圧を下げたり不眠解消にも最適ですね。麦茶にカフェインが含まれていない点も、GABAを効果的に取り入れるのに役立っていると言えます。

 

ボンチョコの一言

我が家では夏は本当に麦茶を消費します。妻と二人しかいないのに、一日に二回沸かすのはザラです。一度作ってしまうと出来るだけ早く飲み切った方が良いので、この早いペースは悪くないのではないかなと思います。

ただ、何でもそうですが飲みすぎは良くないですね。特に夏は冷えたものを一気にいきたくなるので、、、色々良い成分が入っていますが、お腹を壊してしまっては本末転倒です。たくさん飲む時は、ぬるめのものが良いかもしれませんね。夏にそれは酷かもしれませんが(笑)

 

最後に

いかがだったでしょうか?今回は麦茶のお話でした!

体に優しく、コスパにも大変優れた飲み物です!

夏の暑さもこれで乗り切っていきましょう!!

 

ということで今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

【飲食店勤務一日のルーティン夜勤編】最近ブログをサボりがちな36歳飲食店フリーター

こんにちは!ボンチョコです。

今回は勤務する際のルーティンをお話します。

 

飲食店の、、、しかも夜勤となるとほぼやる事が一緒です!!

やる事が変わってくると軽くテンパってしまうくらい同じ事が繰り返されます。

 

0時勤務スタート!

運ばれてくる食材等を搬入する

0時30分~

客対応しながら掃除開始。肉を炊く鍋の洗浄から。

お米の釜、炊飯器、飯盛機の洗浄。

カレーを保管しておく鍋の洗浄

唐揚げを揚げる油の交換、洗浄。

2時~

すぐに調理にかかれるよう、搬入された食材を仕込む

3時~

休憩

4時~

食洗器等、まだ掃除出来ていない箇所の掃除

5時からの朝食の為の準備

5時~

朝食時間開始。9時までワンオペ。

準備しきれていない食材の準備やレジの閉め作業等

9時

次の人に引き継いで業務終了

 

簡単に書くとこんな感じですね。

いかに休憩までに業務を終わらせるかがポイントになります。休憩までの作業に滞りがあると、休憩を早めに切り上げなければいけなくなります。それでなくても僕はせっかちな方の人間なので、軽くイライラしてきてしまいます(笑)普通にやれば余裕で終わるのですが、客対応や他イレギュラーなことがあれば終わらないこともあります。

ここでしっかり休憩出来ないと後が辛くなるので、、、出来る限り休むようにはしますけどね~。

 

5時~9時のワンオペの時間も客が来なければ座ってゆっくりも出来ます。

ただ、いつ来店するか分からないので気は張ってないとダメです。たまに寝てしまってクレームを受ける従業員もいますね(笑)暇だと本当に寝てしまいそうになるので、気をしっかり持つことが重要です。そういう意味では、多少忙しい方が意識は保てるのかもしれません(笑)

 

余談ですが、最近は夜勤~朝の時間帯で働くことが少なくなっています。

朝の常連さんが僕の姿を最近見ないので、えらい心配してくれているみたいです(笑)

普通に嬉しいですが、そんな仲良かったかな~と思う方もけっこういます(笑)

話さない人も意外と気にかけてくれていたのかなーとしみじみ。

僕目当てで店に来てくれる人もいたので、そこは申し訳ないな~と思いますね。

本当に接客冥利につきます。

 

少し脱線しましたが、文字にするとけっこう楽そうに見えちゃうな~というのが正直なところですね。実際はかなり重労働で、仕事量だけでも辞めてしまう人がけっこういます。なので、新人は上記以外の楽な作業をやってもらう事から始まります。いきなりこんな作業をやらせたら、すぐに辞めてしまうからですね。

 

何はともあれ夜勤の一日のルーティンはこんな感じです。書きながら僕は頭が痛くなってきました(笑)

僕が働いているのは某有名牛丼チェーン店です。もし牛丼屋で夜勤でバイトなどしてみようと思った方は参考にしてみてください。

吉〇家か、す〇家か、松〇か・・・その辺りですね(笑)

いずれも給料はまあまあ良いので、夜勤に抵抗のない方はぜひ!

夜勤は人がいない事が多いので、採用率は高いですよ!

 

ということで今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

【再びサボっていました】約20日ぶりに記事を書く最近シフト管理も任されてきたズボラな36歳飲食店フリーター

こんにちは!ボンチョコです。

 

タイトルにもある通り、ふたたびやってしまいました!!

 

サボり・・・

 

 

いやサボりたくてサボっているわけでもないのですよ。

仕事の方が本当に忙しい、、、時間外労働が多すぎなんですよね。

もちろんお金にならないし、完全に経験と実績を積む為だけに動いていますね。

このあたりから今の職場が「ブラック企業」と言われている部分が見えてくるのかなという感じです。

 

具体的にはタイトルにもある通り「シフト管理」をするようになったのが大きいです。

 

ついにそこに着手出来るくらいの立場になったか、、、という思いと、

気づいたらもう引き返せないところまで来てしまった。、、、という思いが混在している感じですね。

 

シフト管理はもちろんやりたかった事だし、正社員になる為には避けては通れないものでした。ただ、こんなにしんどいのかという。正直普通に出勤するより働いてますよ(笑)

 

その理由の一つにシフトに入る人間の急激な減少等があった事があげられます。

体調不良、長期休養、退職、人間関係、、、

このあたりが複雑に絡みあって、シフトが組めなくなってしまいました。

もちろんこれは僕がシフト管理する前からあった現象ですが、より深刻化してしまったというところです。

 

体調不良・・・これは何とも言えないんですよね。このご時世は特に気を遣わないといけません。何かあれば最悪営業停止になってしまいます。その事がなくても休ませてあげたいと思うわけで、、、シフトに入る直前とかに言われるとガックリきますけどね(泣)

 

長期休養・・・まあ色々ありますからね。引き止めたい気持ちはあるけど、前途ある人間をバイトに縛りつけるわけにもいかないのでね。

ただ、辞めているわけではないので、新しく人を採りにくいという面が出てきてしまうのが難点です。どこもそうかもしれませんが、僕の店舗はあまり従業員を増やさない方針をとっているみたいです。一時間あたりに就業出来る人間が限られているので、人を採り過ぎるとシフトの奪い合いになる事を懸念しているそうです。

僕はこの点はおおいに疑問で、シフトを組めなくなっている現状、人を採らないとダメでしょと(笑)奪い合い上等で、嫌なら辞めてくれくらいのスタンスでいないとどうしようもなくなってしまいます。後で書きますが、このせいでシフト作成時に「お願い攻勢」をかけなければならなくなってしまいます。

 

退職・・・これはもうどうしようもないですね(笑)何も言えねえです。

 

人間関係・・・これが今一番しんどいかもしれません。ただでさえ従業員は少なくする方向でいっているのに、一緒に働くのがNG的な関係があります。

意外?なのかどうかは分かりませんが、学生同士にはこういった事はほとんど無いんですよね。あったとしても昔付き合っていたから嫌だとかそんなものです。

 

案外、良い大人の方がこういうNGな事が多いです。この間も客の前で、女性従業員二人が仕事の考え方が火種となりケンカしたらしく、雰囲気がヤバイ時がありました。シフトを作る側からすればそんな関係性の人間を一緒に働かせることは難しくなります。いくら本人達が良いと言っているとしても、、、です。

それぞれ仕事に対する価値観が違います。それはもう当然だし真っ当な感覚かと思います。ただ、そこに対してうまく折り合いをつけて欲しいんですよね。

上記のケースは色々な要素が積み重なって起こってしまったケースのようで、、、

なら爆発する前にもう少しやりようもあったんじゃないのかなと。僕は普段一緒に働かない従業員ですが、それぞれはすごく良い人です。何でこの人たちがケンカするの?と意味が分からなくなりました。

もう30を超えているんやからしっかりせえと(笑)そんな事いう度胸はもちろん僕にはないんですけどね(泣)だって怖いんですもの(笑)

 

そして上記等の理由からやらなければならなくなるのが「お願い攻勢」ですね。

その名の通り、埋まっていないシフトに入ってくれるようお願いしまくる事です。

事前にそれぞれの従業員に希望を聞くのですが、ようは希望外の時間帯に入ってもらえないか交渉する感じですね。

 

今はラインがあるので手軽に連絡は取れるのですが、ラインでメッセージを送るだけではまず間違いなく断られます。それで入ってくれる人もいますが、僕的には稀なケースです。

次に電話ですが、メッセージより確率は高いですが、断られる率は依然高いままですね。電話は相手の時間を「奪う」感覚に近くなるので、メッセージより下手をすれば嫌がられる事もあります。

 

なら何が良いか・・・それは「直接会いにいく」という事ですね。交渉したい人の就業前後を狙って店舗にいきます。ちょっとした差し入れもあれば良いですね(笑)

あくまで偶然を装っていきます。そして交渉に入ります。

逆の立場になって考えたら、直接言われるとけっこう断れないものです。

せっかく来てくれたという気持ちが出てくるし、差し入れされた日にはそりゃあ普通の人間なら邪険に出来ないと思います(笑)

もちろん頻繁にやってしまうと「またか、、、」となるので、勝負どころのみですね。

アプローチの仕方は微妙に変えますし、日ごろのコミュニケーションも大切です。

 

ただ上記の事は全て時間外労働なんですよね。差し入れをすると逆にお金がかかってしまいます。この辺りに時間を取られすぎて大変なんですよ。せめて給料出ればな~と(泣)

そうでもしないとシフトが埋まらないので、苦肉の策ですね。

ただ色々改革案は本部の方に出していて、これから少しずつ改善していきたいと思っています。ただ、その改善案を快く思わない勢力があります。

この辺りはまた次回お話出来ればと思います。本当頭痛いですよ(笑)

 

という事で久しぶりということで近況報告のようになってしまいました・・・

以前のような「食」に関する記事も書きたいのですが、いつになるやら、、、

 

拙い記事ですが、また読んで頂けると嬉しいです!

 

では今回はこの辺で。

ありがとうございました!!

 

某大手牛丼チェーン店での仕事の話 8【目指せ正社員!!36歳アルバイトの飽くなき挑戦!!】

こんにちは!ボンチョコです。

f:id:bonchoko:20210408214110p:plain

 

 

bonchoko.com

 前回の記事の通り、最近はブログうをずっとサボってしまっていました。

なので、久しぶりに職場話でも。

 

 

f:id:bonchoko:20210731163518j:plain

ということで季節はすっかり夏ですね。朝4時頃にはセミも鳴いています。

また、今年はオリンピックも開催されているという事から、より夏の感じが強いです。

まだまだコロナ禍も収まる気配がありませんが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

僕はというと某牛丼チェーン店で働き始めて、8月で節目の1年となります。

昨年の今頃は、本当に仕事が無く人生で初めて6連続でアルバイトの面接に落ちた事もありました。本当に色々な事があった一年ですが、何とか貯金も出来るようになり働く場所があるありがたさを実感しています。

 

さて、現在の職場の状況ですが、先日28日は丑の日という事で鰻祭りとなっていました。

f:id:bonchoko:20210731163841j:plain

鰻がものすごい勢いで売れましたね。

 

僕の職場の鰻は、某牛丼チェーンの間でも評判が良いらしく、毎年物凄い数の鰻が売れます。店舗によっては1000枚以上売ると聞いたこともあるので、まさに飲食店にとっては「稼ぎ時」なのでしょう。ちなみに僕の店舗では約200枚程度を売る事が出来ました。感謝です!!

 

当日の忙しさはもちろんですが、そこに至るまでの準備もなかなか大変でした。

持ち帰りの包材を準備したり、鰻の保存場所の確保や品質管理。また送られてきた鰻の枚数をしっかり数える作業も、地味に辛いものがありました。

実際に当日に売れたのは約200枚でしたが、在庫はその倍以上かかえていました。本当に冷蔵庫を圧迫する勢いで、毎回の配送が嫌で仕方ありませんでした。

 

何はともあれ「一年で一番忙しい日」という事もあり、いつも以上に活気はありました。ちょっとしたお祭りですよね。今年もあまり祭りなどは縁が無さそうなので、こういった事で気分だけでも味わえたのは非常に良かったなと思います。

 

とはいえ、来年もあるのかと思うと嫌になりそうですが(笑)うまく社員になれていても数字求められたりしそうやなあと、、、まあ今の時点で考えることではないわけですが。

 

f:id:bonchoko:20210731165237j:plain

という事で世間は夏休み。そしてお盆ですね。明日から8月突入ですが、あっという間に月日は過ぎ去っていきそうです。

一日一日しっかり頑張っていきたいなと思います。

今日は0時から9時まで仕事です。色々ありますが、まだまだアルバイトの身分!

謙虚に頑張っていきます!

皆様も熱中症など気をつけてお過ごしください!

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

【サボっていました】一か月ぶりに記事を書く【目指せ正社員!!36歳アルバイトの飽くなき挑戦!!】

こんにちは!ボンチョコです。

 

ブログ、かなりサボってしまっていました(笑)

決して仕事が忙しすぎたわけでも、病気になっていたわけでもなく・・・

ただただサボっていました(笑)

 

7月に入ったあたりで急にやる気がなくなってしまいました。

今までは書きたいという気持ちがあり、1000文字2000文字なんて書いても苦が無かったのですが、本当に急に気持ちが無くなってしまいましたね。

 

まあそんなに焦ることでもないので、いったん書くのをやめようと思い、今日に至っています。一か月休止して適度にリラックスも出来たので、また再開したいなと思い戻ってきました。

 

これからのブログの方向性としては、これまでの健康志向の記事と職場での話の記事は継続して書きたいなと思っています。

あとは毎日のルーティンを書くのも面白いなと思っています。

 

僕は夜勤として今の職場にアルバイトで入社しましたが、色々あり今は昼や夕方の時間帯も多くなってきています。もちろん夜勤もありますが、そんな毎日の勤務状況をお伝えしていくのも良いのかなというところです。

 

当ブログの初期のコンセプトは、夜勤に際して健康を考えるというものでした。

それが働き方が変わってきたこともあり、現行のコンセプトでは記事を書かせて頂くにはどうにも曖昧な部分が多くなってきていました。

それでは読んで頂いている方にも失礼かなと、、、

やはり生活や働き方に合わせて、ブログの主旨も変えていきたいなと思いました。

 

そして題名にもあるのですが、僕は現在36歳にしてアルバイトというかなりヤバイ感じになってしまっています(笑)社員になるのはいつになるのか・・・

自分に活を入れるためにもブログでこれまで以上に赤裸々にお話をしていきたいと思っています。

 

目指せ正社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!

 

新しいブログコンセプトはこれでいきたいと思います(笑)

文字にすると本当にかなりヤバイですね(笑)何かドキドキしてきます。

まあ放蕩者といいますか、、、あまりスタンダートに生きてきたわけではないので、立場という意味では僕自身はあまり気にしていませんが。

 

ただ、今の職場には本当に感謝していまして、、、昨年、色々あって完全に自信を失っていた時に拾って頂きました。今ではシフト管理も任せて頂いていて、同僚は皆良い人ばかりです。何か恩返しは出来ないかなと思ったら、辿り着くのはやはり社員になるという事でした。

治安の悪さもあり、現店舗は長らく社員不在という状況です。もちろんもっと自分を磨かなければいけないのですが、何とか社員になり皆を支えていける立場になりたいと思っています。

まあ治安は本当に悪いし、逃げだそうとした事は一度ではないのですが(笑)

 

まあ社員になるにはまだステップを踏んでいく必要があるようなので、、、

頑張っていきますよ!!

 

という事で方向性が少し変わりますが、また当ブログとお付き合い頂ければと思います!

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!

【夜勤の必要性】働ける場所があるということ「夜勤の筆者が健康を気遣う」

こんにちは!ボンチョコです。

今回は夜勤の必要性について。

 

f:id:bonchoko:20210630062718j:plain

 

このブログでは、夜勤のメリットやデメリットなどをメインにお話しています。

しかしそもそも夜中に働ける場所が無ければどうなるのでしょうか?

夜勤で働く辛さみたいなものばかりに焦点を当てて来ましたが、今一度雇用してもらえるありがたみを再確認したく、この記事を書いています。

ただ他の職場の事はあまり分からないので、僕の職場をベースにお話したいと思います。

 

 

はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

では今回もいってみましょう!

 

働ける枠は多いようで少ない

僕の職場は某大手牛丼チェーン店です。

牛丼屋は単価が安いのもあり、1時間当たりに働くことが出来る人間の数がシビアに決められています。少しでも売り上げが落ちる時期があると、人数を削られてしまいます。もちろん納得いかない事もありますが、数字を見ていけばそれも納得せざるを得ません。

夜勤に関しても同様の事が言えます。夜勤はお客さんの動きがあまり無いので、よりシビアになります。

僕の職場では0時から5時が1人、0時から9時が1人と最大でも合計2人しか同時に働けません。

5時から9時は俗に言う「ワンオペ」になるので、シフトに入るのも困難なケースもあります。ただ5時から9時に関しては人気の無い時間なので、競争率は知れていますが(笑)

対称的に0時から5時は非常に人気のある時間帯になります。Wワーク等に活用しやすいんですよね。もちろん人がいなくて大変な事もあります。

僕はタイミングよく人がいない時に雇用して貰えたので、自分の労働時間等をしっかり確保する事が出来ました。

夜勤帯は現在はそれなりに充実しているので、採用は止まっていますし、運良く採用されても働く事の出来る日数が非常に限られてくる状況となっています。

 

少し脱線しましたが、夜勤は需要があるという事ですね。このご時世(2021.6.30現在)なので、社会全体の雇用が激減しているという事情ももちろんあるとは思います。

だからこそ、夜勤がある職場は非常にありがたいものとなっています。

健康面など夜勤はデメリットが先に来てしまいがちですが、やはり安定的にお金を稼ぐことが出来る場所があるというのは何ごとにも代えがたいかもしれません。

 

bonchoko.com

 雇用を守るという事

いきなりですが、僕は30代半ばというには、社会をあまり知りません。

一言でいうと「アホ」だと思っています。それは最近まで働いていた場所や環境によるものも大きかったのですが、、、この辺りはまた別に機会があればお話してみたいですね。

例えば、

コンビニなんて24hやる必要ない

飲食も早く閉めてしまえばいい

 

なんてけっこう考えていたんですね。今でもそう思うことはもちろんありますが、働く側からすれば結構困った事になるんですよね。

経営者側の考え方はまた違うと思うし、悩みは図り知れないものはあると思います。ただ、雇用される側にとっては選択肢が多ければそれだけで有難いです。

このコロナショックに突入してから、これまでより資産運用や副業という部分も注目を集めています。ですが、皆が皆うまくそれらを活用出来るわけではありません。ましてや起業なんてリスクを背負う事が出来る人もごくわずかかと思います。

 

日中も含めての話になるのですが、やはり雇用があるというのは安心感があるなと思います。雇用先への文句は二の次ですね。はい、もうそれは毎日のように文句言っていますが(笑)まあそれはそれかなと思います。

 

 

まとめ

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

今回は夜勤の必要性という部分を軽くですが、お話しました!

本当に感謝しかないですね。少なくともこの現在の混乱が収まるまでは、僕は夜勤でお世話になろうと思っています。その先の事はまた考えようかなというところです。

 

色々あるかと思いますが、体調管理などしっかり行って頑張っていきましょう!

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!