ボンチョコ

仕事への取組みやモチベーション維持の考え方など!!副業でドラム講師もやっています!!

【初心者必見!】どうやって探す?バンドメンバーを見つける5つの方法!!

こんにちは!ボンチョコです。

今回はバンドメンバーを探す方法について。

 

f:id:bonchoko:20211208051617j:plain



皆さん、バンドメンバーはどのように集まりましたか?学生ならクラブもあるし、同級生と組む事もありますね。社会人であれば先輩後輩、もしくは同僚とやる事になるかもしれません。

しかし各個人によってやりたいジャンルがあるし、それによって必要な楽器も違います。そんな都合よく物事を進めるのはなかなか難しい。そんな時にメンバーを集める方法を今回はご紹介します。

バンドをやりたいけど、どうやってメンバーを集めて良いかわからない、、そんな方には参考になればと思います!

 

では今回もいってみましょう!!

 

 

メン募サイト」で探す

f:id:bonchoko:20211206204429j:plain

全くアテがない状態であれば、まずネットで探すのがオススメです。oursoundswith9といったメンバー募集サイトが有名ですね。メン募サイト的な言い方をすることが多いです。日本全国で募集をかけることができるので、気になる方は一度アクセスして頂けたらと思います。

 

メリットはサイトを介してのやり取りになるので、安心感があります。合わないと思っても、すぐにやり取りを止められるので便利です。逆に実際に会うまでがなかなか大変という側面もあります。

 

僕はoursoundsでよくメンバーを探しました。趣味としてのバンドを組んだ人もいるし、お仕事としてヘルプで来て頂いたケースもあります。

バンド募集とバンド加入の2つの種類があり、用途によって使い分けます。基本的に「募集」は自分のバンドに、「加入」は相手のバンドに入ることを意味します。

 

いずれにしてもメッセージを送って、会う約束を取り付けます。いきなりスタジオで待ち合わせて音を合わせる時があれば、いったんカフェなどで話をするという時もあります。

僕の場合はいきなりスタジオのパターンが多かったです。カフェなどで喋るだけだと分からない事が多いなと感じたので、音合わせが出来るスタジオを待ち合わせ場所にする事が多かったですね。

お会いする方のプロフィールは前もって分かりますが、あくまで初対面なので、時間を守って節度をもって接しましょう。意気投合出来れば、スタジオの後にご飯でもいきましょう、みたいな流れにもなりますよ。逆もまた然りですが、、

楽器店や練習スタジオなどの張り紙から探す

 

今はもう無くなってきていますが、楽器店やスタジオの張り紙から探す手もあります。

手書きの募集チラシに、メンバーの代表の名前と電話番号が書いてあるものがあるので、そこに連絡します。このご時世、あまりオススメされない感じですが、少し前までは普通に利用されていました。今は張り紙自体が無くなってきています。

メリットとしては、レスポンスの早さかと思います。さきほどのネットの募集サイトは、会うまでに時間がかかることが多いですが、この場合はスムーズに話が進みます。ただ直接のやり取りになるので、合わない人だった場合、断るのが億劫になったりします。

信用性なども判断が難しいです。ほとんどの場合はちゃんとしていますが、よく分からない所へ電話がかかってしまうこともあります。

僕はこの募集方法は今の時代にそぐわないと思っています。募集の内容に魅力があれば別ですが、基本的には上記のサイトを経由するのが安心かなと思います。

 

セッションや演奏会で探す

f:id:bonchoko:20211208051745j:plain

バーやスタジオ、ライブハウスが主催しているセッションや演奏会で探すという手もあります。参加することで意気投合した人とバンドを組む形ですね。ある程度テクニックがある人にとっては、この方法が一番良いかもしれません。結局は音を合わせてみないと分からないことが多いですから。人は良いけど、音を合わせたら全然合わなかったというのはよくある話です。

 

初心者の方や、人間性を重視したい方にはハードルが高いかもしれません。初心者専門のセッションなどもあるのですが、「初心者」というくくりもなかなか曖昧です。

ある程度のコミュニケーション能力も必要になってくるので、そこに自信のある方は良いかと思います。約数千円で参加できる手軽さもポイントとなっています。

 

ジモティーで探す

ジモティーのような多目的サイトでもバンドメンバーを探す事ができます。募集の数はそこまで多くないですが、地元でピンポイントで探せるのは魅力ですね。練習スタジオの兼ね合いもあるので、家から近い場所で検索可能なのは大きなメリットです。

ただ、家から近いことに注意も必要です。あくまで初対面の方とのやり取りになるので、家の場所など生活圏の話はあまりしない方が良いでしょう。仲良くなって、大丈夫かな?と思えてからがベストかなと思います。

ちなみに僕はレッスンの募集はジモティーで行っています。売り買いが注目されがちですが、このような使い方ができるのも、このサイトの利点となっています。

 

bonchoko.com

レッスンやっております!!

 

その他の方法で探す

f:id:bonchoko:20211123055005j:plain

スタジオの店員さんに紹介して頂いたこともあります。とある楽器パートが足りなくてスタジオの方に相談したら、、といった感じです。

あと友達のバンドのライブを見にいった時に、対バン(一緒にライブをするバンド。だいたい5バンド程度で一つのイベントを作ることが多い)のメンバーをヘッドハンティングした事があります。もちろん他のメンバーさんに許可を得てですが。

ヘルプなら良いですよという返事を頂いたことを覚えています。ヘルプで十分だったので、加入して頂きました。

特殊な例ですが、これらのような方法でも探すことができます。

 

さいごに

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

いかがだったでしょうか?今回はバンドメンバーの探し方についてお話しました!

いずれにも言えるのは、「行動力」が重要いうことでしょうね。自分の理想のバンドを作るには、とにかく行動あるのみです。妥協せず後悔しないように!!

 

bonchoko.com

 

bonchoko.com

リハーサルスタジオの取得方法はこちら!

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!