ボンチョコ

仕事への取組みやモチベーション維持の考え方など!!副業でドラム講師もやっています!!

【初心者必見!!】ドラム練習方法~16ビート編~【自作譜面徹底解説!!】

こんにちは!ボンチョコです。

16ビートについて今回は解説!!

bonchoko.com

8ビート編はこちら!練習の仕方、練習メニュー例など盛り沢山です!

特に練習の仕方はこの記事の内容を基本としているので、一度読んで頂けるとスムーズです!

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

 

bonchoko.com

大阪、奈良でレッスンをしています!気になった方は、上のジモティーのリンクからお問い合わせください!

16ビートについて

16ビートと聞くと、何やら難しいのではと構えてしまう人がいます。

「8ビートが出来たらそれでいいし」

「名前は聞いたことあるけど、そもそも16ビートってなに??」

「とりあえず何か難しそう、、、」

何やら色々な声が聞こえてきますね。でも安心してください!そんなに難しいことではありません。

f:id:bonchoko:20220415021206j:plain

8ビートと同様、基本となるパターンがあるので、まずはそれを練習していきましょう。

16ビートの基本パターン

f:id:bonchoko:20220415133247j:plain

16ビートの叩き方は大まかに二種類あります。

一つは一段目にある、右手だけでハイハットを叩き続けるパターンです。タイトなリズムになりやすい叩き方と言えます。あまり速さは出せない叩き方で、bpm=100くらいが限度かなと思います。もちろんそれ以上いけないことも無いですけどね。使用する機会があまり無いかなと思います。

二つ目は二段目にある、両手でハイハットを叩くパターンですね。手順の関係で、スネアも右手で叩く事になります。タイトにも丸みを帯びたリズムにもなり、速さも出していける叩き方ですね。bpm=110以上の曲の16ビートは、両手で叩くことになると思って下さい(もちろん例外もあり)。

好みにもなりますが、遅いbpmだと両手の場合はテンポを保つのが難しいと思います。

片手の方がキープしやすいですね。慣れれば曲の雰囲気や用途に合わせて、叩き方を切り替えれば良いと思います。とにかくまずは練習ですね。

 

bonchoko.com

練習方法はこちらでもご案内しています!

f:id:bonchoko:20211123181128j:plain

譜面の三段目はバスドラの踏み方を変えてあります。一段目と二段目が叩けたら、チャレンジしてみてください。もちろん2パターン両方の叩き方で練習してくださいね。

メトロノームとカウントをお忘れなく!!

練習メニュー例

片手でのパターンの場合はbpm50~80、両手でのパターンの場合はbpm90~120

それぞれこのくらいの速さから練習すると良いと思います。慣れてきたら前者の場合は~100まで、後者の場合は~180くらいまでスピードアップしていきましょう。

いきなり速いbpmで練習したいところですが、最初は我慢して遅いものを重点的に練習してください。

 

bonchoko.com

bpmは10刻みで、各1分間ずつ練習ですね。50を1分、次は60を1分、、、といった具合です。これも慣れたら時間を少しずつ伸ばしてください。苦手の速さに時間をかけるのもgood!です。がんばっていきましょう!!

 

さいごに

16ビート編と題して、ほんの一例ですが譜面もまじえてお話させて頂きました!

簡単に練習メニュー例なども挙げていますが、もう少し詳しく知りたい方は、上部に貼ってある8ビート編の記事をご覧になってみてください!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良にお住まいの方は直接聞きに来てくださいね!!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!毎日のドラム練習の参考になれば幸いです!

では、次回またお会いしましょ~~!!