ボンチョコ

仕事への取組みやモチベーション維持の考え方など!!副業でドラム講師もやっています!!

【ドラム基礎練習ROLL編】5&7ストロークロールを解説【スティックコントロールを磨こう!】

こんにちは!ボンチョコです。

5&7ストロークスロールについてのお話です!
レッスンやっています!
基礎練習のやり方等はこちらをどうぞ!

今回は「ロール」についてです。個人的にはこの5と7のロールは一番初歩的な位置にあるものと思っていて、スティックコントロールを学ぶ上でとても良い分野だと思っています。
理屈さえ分かってしまえばそれほど難しくはないと思うので、最後まで読んで頂いて、頑張って練習してみてください!

5ストロークロール

3段目までが5ストロークロールの譜面となります。
の譜面は、左は基本の手順、次に実際に叩いているもの。右は5ストロークの譜面となります。基本の手順にダブルストロークの要素をプラスする感じですね。ややこしいようであれば、まずは真ん中のフレーズを練習してください。バスドラをつけて、の譜面を利用して練習してみましょう。タタトトタン・タン、タン・タタトトタン・タン、タン、、、という感じです。
≪point≫
ダブルストローク部分は32分音符になっているので、思ったより速く感じると思います。bpmは抑え目で、最初は60~90くらいがオススメです。16分音符でいう120~180相当ですね。しっかり基本の形を叩けてから、スピードアップしていきましょう。

7ストロークロール

四段目のからが7ストロークロールとなります。
5ストロークロールと同じ考え方ですが、7ストロークロールは基本の手順が、16分と3連どちらでも考えることができます。3連のものは()で書いてあるので、イメージしやすい方で大丈夫です。

7ストロークロールは、のように小節の前から入っていくパターンもあります。この場合は3連のイメージが良いかと思います。ダブルストロークが6連のようになるので、こちらも速く感じてくると思います。5ストロークロールと同様、ゆっくり目の速さから取り組んでいきましょう!

ダブルストロークの考え方

一度のストローク(ショット)で二度打つ的な理屈なのですが、最初から出来るわけがないくらい難易度が高いです。リバウンドを利用して、、など専門性がより高い技術なので、挫折してしまいがちです。
《point》
初めのうちは、「二度のストロークで二度打つ」要は一つ打ちと同じ感覚で大丈夫です。
練習を行なっているうちに、体が楽をしようとするので、意図せずとも本来のダブルストロークの形になっていくと思います。ただそこに至るには練習は欠かせません。体が楽をしたいと思うくらい練習しましょうという事ですね。

 

bonchoko.com

 

さいごに

今回は2つのロールをご紹介しました!ややこしい部分もありますが、しっかりマスターしていきましょう!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!!