ボンチョコ

仕事への取組みやモチベーション維持の考え方など!!副業でドラム講師もやっています!!

【ドラム基礎練習】基本の6連符フレーズとアクセント【手順も変えてやってみよう】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は6連のご紹介!!

 

bonchoko.com

 

bonchoko.com

同系統である「三連」編は上記記事にあります!!

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良周辺でドラムレッスンをやっております!最寄りのスタジオ等までお伺いします!興味のある方は、ジモティーのリンク先よりお問い合わせください!!

 

bonchoko.com

という事で6連編となります!

ザックリと言ってしまえば、1拍で6つ叩くというのが6連あるいは6連符と言います。

言葉で言えば簡単なのですが、なかなか奥深いものになっていて、さまざまな練習の方法、フレーズがあります。

全てを解説することは出来ませんが、厳選したものをご紹介していきますので、参考にして頂けたらと思います。それではいってみましょう!!

基本の6連符練習

上の譜面のをご覧ください。基本の6連符フレーズとなります。

基本的には、まずこの練習をガッツリやって欲しいですね。bpmは50~120くらい。

最終的には140くらいまでいけたらといった感じです。遅いものから地道にやっていけば必ず出来るようになりますよ。いきなり速いものからすると、逆に遠回りになるでしょう。

 

bonchoko.com

最初はオーソドックスに右(R)はじまりで、慣れてきたら左(L)からもやりましょう。

音の粒が揃うように均一になるように叩きます。

≪point≫

余裕で出来るbpmでしっかり練習、あまり長く出来ないけど何とか出来るbpmでも練習、、、といったように、自分の現在のレベルに合わせて区別して取りくんでみましょう。

アクセント練習

②と③はアクセント練習です。手順はと同じで大丈夫です。

一小節ずつ違うフレーズに分けて書いているので、のように同一のフレーズを叩き続けて練習してください。

 

bonchoko.com

 

bonchoko.com

アクセント部分は強く、他の部分は弱く叩くのがコツです。特に弱く叩く方が難しいかと思うので、そのあたりを意識して練習してみてください。

≪point≫

アクセントが左手にくるフレーズには特に注意しましょう。だいたいの人は右手のショットの方が強くなるかと思うので、右手の力加減が重要になってきます。左利きの人はこの逆になってくると思います。

手順とダブルストローク

は他の3つと違い、手順が異なっています。音符の上に手順を書いているので、そのようにやってみてください。また、RRやLLのように「ダブルストローク」の要素が含まれているフレーズもありますが、ここではあまり深く考えても仕方ないので、まずは手順に慣れることを考えてください。個別でダブルストロークの練習もしながら、練度を上げていきましょう。

≪point≫

の4つ目との4つ目のように、フレーズは同じでも手順が違うといったものがあります。わざわざ叩き分けるには理由がありますが、練習したての頃は考えても仕方のない事かもしれません。この時点では、スティックコントロールを鍛える為と捉えるのが良いでしょう。スティックが自在に使えるようになる為に、上記のフレーズを含め、色々なものを練習していくようにしましょう!

さいごに

ということで、基礎練習の6連編ということでお話させて頂きました!

とにもかくにもまずは基本ですね。のフレーズをガンガン練習していきましょう。

 

bonchoko.com

6連符の記事の続編となります!

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

また次回でお会いしましょう!!