ボンチョコ

目指せ社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!と時々健康を気にします!

【夜勤で罪悪感?健康を損なう事も】勤務後~次の勤務までに注意する事【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は夜勤の合間の備え方について。

 

f:id:bonchoko:20210628055535j:plain


短期で働くのであれば勢いで乗り切れますが、長期でしっかり腰を据えるとなれば、勤務間で整えるべきところはチェックしておきたいところです。Wワークなど掛け持ちで働くのであれば尚更です。

 

「別にそんなん何も考えんくてもよくない?」←関西弁風でお願いします

と言うように意外と何とかなるような気がしている方も多いのではないでしょうか?

僕もついつい雑に毎日を過ごしてしまい、気づけば疲れが取れず、仕事だけで精一杯になってしまいがちでした。。今も油断するとその傾向に戻ってしまいます。

 

備えとしては、睡眠や食事など当たり前とも言える部分を、僕が個人的に行っている体調管理の仕方などを踏まえてお話したいと思っています。

夜勤の方はもちろん、不眠になっている方や食事に対する考え方を変えたい方にも、お役に立てたらと思い、この記事を書いています。

ぜひ最後までご覧になっていって下さい。

 

 

はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

では今回もいってみましょう!!

 

睡眠の重要性

f:id:bonchoko:20210628063830j:plain

分かっていてもなかなか取れなくなってしまうのが睡眠です。夜勤明けだと、その頃には世間は活動し始めていきます。通勤通学やゴミ収集車の音、シャッターが上がる音やその他生活音。窓から漏れる太陽の光もありますね。気にしない人であれば取るに足りませんが、気になる人にとっては苦痛以外の何ものでもありません。

この言わば「騒音」や「自然現象」をくぐり抜けて、眠りにつくという事は一つの能力とも言えると思います。

ただ、ここで躓くと睡眠不足で仕事に向かう事になり、蓄積される疲労も重なって健康を害してしまいます。

眠りに対してはちょっとした考え方で随分楽になると思うので、僕の考え方をお話しますね。

 

寝ようとしない

夜勤明けからの睡眠の際には、寝ようと考えないのが良い時があります。もちろん眠れるようなら一気に寝ちゃいましょう。

ただ眠れないのに寝ようとするのはストレスになってしまいます。

僕は眠れない時は、とりあえず一時間だけ目を閉じておこうと考えます。頭の中で何を考えても大丈夫です。まわりの些細な騒音も気になりますが、とにかく目を閉じておきます。音楽などを聴く事もありますね。

そのまま眠れればOK、それでもダメなら起きて何か別の事をします。そしてまた少し時間を置いて同じ事を繰り返します。

どうしても眠れないと焦ってしまうのですが、目を閉じておくだけでも意外と疲れは取れます。

ただ、この別の事をしている間にやらないで欲しいことはスマホを触ることですね。

目が疲れてしまい、変に覚醒してしまいます。こうなると悪循環に陥るので、スマホは触らないようにしましょう。

最悪目を休ませてあげれば、ガッツリ眠れなくてもけっこう何とかなります。もちろんこれが毎日続くようであれば、別の対策が必要になりますが、、

 

寝る段取りを変える

これもさっきと同じで眠れない時の選択肢の一つとして考えて頂きたいなと思う事です。

もう寝ようかなと思い、歯磨きをしてトイレなども済ませて「ヨシ!寝よう!」となると、逆に眠たくなくなって来ることってありませんか?

何となくですが、眠れない日が続くと、その行動一つ一つによって自分が緊張しちゃってるなと思う時があるんですよね。寝ることって意気込む事でもなく、自然な事なのに、、、

歯はちゃんと磨きたいし、トイレも行っておかないと落ち着きません。

ですが、寝るまでの行動を変えてあげる事で緊張を緩和させてあげようという感じですね。

あえて歯を磨かないという選択肢もありでしょう。散歩をしてから布団に入るというのもアリです。

几帳面でしっかりした軸を持っている人ほど、不眠に陥る事が多いように感じます。

(僕は几帳面では無いのに、不眠になるのは何ででしょうか、、、笑)

いつのまにかルーティン化してしまっている「作業」を取っ払ってあげましょう。

特に勤務後は、まだ体も脳も高揚していることが多いかと思うので、まずはリラックスする事を心がけてみるのが良いのかなと思います。

理屈ではないんですけどね、、、どうしようもない時は一度試してみて欲しいです!

 

食べ過ぎに注意

夜勤での食事は色々な意味で重要となります。

普通に食べる時間帯と同じ感覚で考えると、まず体に悪い変化が起きてしまうでしょう。

僕は20代半ばの頃、とあるジャズバーで働いていた事があるのですが、閉店は深夜2時頃。そのお店は大阪の繁華街にあったので、その時間帯でも空いているお店がかなりあったんですね。ラーメン、牛丼、たこやき、居酒屋、、、

食べたいものを食べたいだけ食べていたので、数カ月で一気に15キロほど太ってしまいました。それと同時に腰も悪くしています。深夜2時でその有様なんですから、、、いくら働いているとはいえ、夜の勤務中や夜勤明けにガンガン食べていたらどうなるか、、、考えるだけでも恐ろしいです。

 

bonchoko.com

 

 

「じゃあ夜中は一切食べない!」「水だけで過ごす!」

これも一時の僕なんですが(笑)これもダメでしたね。極端過ぎる行動は、その後に反発があります。

 

bonchoko.com

 

適度にバランス良く。。。心がけるだけでもかなり違ってくると思います。

 

寝る前に食べ過ぎない 

夜勤明け、お腹が空く事はありませんか?

僕はめちゃくちゃお腹が空くので、ついついガッツリと食べてしまっていました。

血糖値が上がる事で、眠りにつきやすくなるかも?なんて愚かに考えた事もありますが、やはり体にも眠りにも良くありませんでしたね。

眠りにつく事は出来ても、起きた時の胃もたれなどで気分は最悪です。また、これですんなり眠れても、結局次も同じ事をしないと眠れないのではないか?と思い、また食べてしまいます。

こうなると完全に悪循環ですね。まず太るし、美容の面でも良くはありません。胃もたれもあり健康も害してしまう事になります。

逆に全く食べないのも良くないかなとは思います。適度に腹6分程度を目標に食べるのが良いかなという感じです。それもなかなか難しいんですけどね(笑)

僕は職場で魚と卵と米100gほどを食べて、家に帰って少しナッツ類を摘むといった感じです。

「まだ食べたいけど、こんなもんかな?」

こんな風に思えるくらいがベストな食事量です。すいません、めちゃくちゃ分かりにくいですね、、、でも人それぞれになってくるので、自分で加減を知る事が大切になってくるのかなと思います。

 

bonchoko.com

 

 

bonchoko.com

 罪悪感は無視する

真面目な人ほど陥りやすい事かもしれませんが、日中が自由な事に罪悪感を覚える人がいます。僕の職場の同僚も、何かダメな事をしているんではないか、、、他の人は働いている時間なんだからちゃんとしなきゃ!みたいに考えてしまうと言います。

僕も何となくそれは感じる時はありました。

通販やデリバリーで何か頼んだ時に来てくれる配達の方なんか見ると、引け目を感じる事もありました。

でも、これってオカシイんですよね。逆も然りなわけで、日中働いている人は恐らく夜ちゃんと寝てるわけで。その寝ている間、僕たちは働いています。

これだけのシンプルな事なのに、なぜこう考えてしまうのでしょうか??

人間の本能にはちゃんと夜寝るというものがあり、夜働くのはおかしいと言っているのか。

そのあたりは詳しくないので分かりませんが、不意に感じるそういったものは無視しちゃいましょう!

こう感じる人は夜勤で辛くても真面目に頑張っているのだと思います。もちろん感じていない人もですね。日中は胸をはって休みましょう!あ、Wワークの人は別ですよ(笑)

 

まとめ

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

 

いかがだったでしょうか?今回は勤務の間で注意したい事をお話しました。

連続する夜勤は体調を崩しがちです。肉体的にも精神的にも、しっかりケアしてあげましょう。考え方一つで随分と楽になる事もあるかと思います。

 

この記事が悩みのある方の参考になれば嬉しいです!

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!