ボンチョコ

目指せ社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!と時々健康を気にします!

【お給料に差】夜勤のメリットを語る【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は夜勤のメリットについて。

 

f:id:bonchoko:20210626062257j:plain

デメリットの記事はこちら。

 

bonchoko.com

 

夜勤のメリット、、、デメリットに比べると、挙げられる要素は少ないかもしれません。ただ、健康をある程度「犠牲」にしているので、やはり何らかのメリットを感じていたいですよね。

果たして健康を犠牲にしてまで夜勤で働くメリットはあるのか??

今回はそんな夜勤における「メリット」をお話したいと思います!

 

 

はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

それでは今回もいってみましょう!!

 

人がいない

f:id:bonchoko:20210626063308j:plain

全てに勝るメリットはこれではないでしょうか?色々な意味で人がいません。

従業員やお客さん、外を歩いている人など。空いているお店もほとんどない。

僕の生活圏は、人が多いので余計にこれは感じてしまいます。人込みが嫌いな僕にとって、夜勤というのはメリットしかありません。ちょっとした買い物ならコンビニで十分なわけで、、、夜勤になってから逆に昼間が辛くて仕方なくなりました(笑)

特に冬は夜が長く感じられるので、この夜勤の恩恵がより感じられるようになります。人があまりいない時間帯に働きたいと思う方であれば、夜勤は非常にオススメと言えますね。

 

給料に差が出る

日中に働いているよりもお金を稼ぐ事が出来ます。だいたい日中の25%増くらいでしょうか?僕の職場も夜勤は時給がかなり良いです。

もちろんこれはメリットなのですが、健康を切り売りしてのお金である事は忘れてはいけません。なまじ給料が良くなるので、夜勤に目を向けがちですが、、、自分の健康と天秤にかけた時に、どうなるかを常に考えるべきかなと思いますね。

これじゃあメリットを語っている感じでは無いのですが(笑)デメリットと表裏一体という考え方は出来ますね。

僕もこの恩恵により、かなり効率的に稼がせては頂いていますが、多少給料が下がっても日中働くべきかなとは常に思っています。この辺りは個人差が出ちゃうところですけどね。自分に向いていると思えるなら、夜勤でガンガン稼ぐのは非常に効率的と言えますね。

 

副業にもってこい

f:id:bonchoko:20210626094318j:plain

日中働いていて、もう少しお金が欲しいなという時に、夜中はちょうど空いていて小遣い稼ぎにもってこいの時間帯になります。現に僕の職場でも日中働いている人はかなりいます。なので、職場に到着したら既に疲労困憊という事はザラにあります(笑)

 

bonchoko.com

 体がもつのであれば、これほど良い時間帯は無いかと思います。自由な時間はいらない、とにかく稼ぎたい!という人にはオススメの働き方にはなります。

まあこれもデメリットと表裏一体ではありますが、、、人生というスパンで考えた時に、確実に寿命を削る行為ではあると思うんですよね。

どうしても今稼ぐ必要がある!という人以外はあまり無理しないで、と言いたいですね。

 

ボンチョコの一言

こうやってみると、メリットの数少な!って思いました(笑)

他に書く事だけなら書けたのですが、自分が感じるメリットはこれくらいしか無かったです。冷静に見てみると、やはり僕は夜勤に否定的なんだなと再認識しました。

人それぞれメリットを感じる部分は違うと思うので、これから夜勤での勤務を考えている人は「何故夜勤なのか」をもう一度見つめ直してみて下さいね。

 

まとめ

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

いかがだったでしょうか?今回は夜勤のメリットについてでした!

 

前回のデメリットの記事と文字数が違いすぎることからも、いかに夜勤にメリットが無いかを感じて頂けたらと思います。

ただ住めば都というくらいですから、、、合っていたら日勤も夜勤も関係ないのかもしれません。

 

今回挙げたメリット、皆さんはどう感じますか??

 

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました!!