ボンチョコ

健康について、自分の経験を交えて話せたらと思います!

【夏バテ防止】きゅうりを食べて水分も補給【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はきゅうりについて。

f:id:bonchoko:20210607214746j:plain

きゅうりは栄養がない?なんていうお話も出てくるくらい、きゅうりの栄養に対するイメージはあまり出来ない方も多いのではないかと思いますが。。実は、夏野菜ということもあり、ある種独特の効果も期待出来る野菜となっています。

また、栄養素の面では大きく分けてビタミンKとカリウムという二種類が主になっております。

きゅうりは比較的安価に購入出来るのも嬉しいですね。そしてもちろん栄養も期待出来る、今回はきゅうりについて見ていきましょう!

 

 はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

こればっかりは仕方のない事ですが、せめて食事などは気をつけたいですね。

若い頃のように、食べたいものを好きなだけ、、、というのはダメなようです(笑)

 

同じく夜勤で従事されている方はもちろん、食生活の見直しや病気の予防など、この記事が少しでもお役に立てたらと思っております。ぜひ最後までご覧になっていってください。 

 

では今回もいってみましょう!

 

ビタミンK

きゅうりには各種ビタミンが豊富ですが、特にこのビタミンKが多く含まれています。ビタミンKには出血時の血液を固める作用が主で、他にがんや心臓病予防、骨粗しょう症のリスクを下げるなどの効果があります。

ビタミンKにはK1K2と2種類あり、それぞれ効果効能が違っています。お話すると長くなるので今回は省きますが、とにかくきゅうりにはビタミンKが豊富に含まれているということを、抑えておきたいですね。

 

bonchoko.com

 こちらも合わせてどうぞ。

 

カリウム

100gあたり200mgのカリウムが含まれています。成人男性であれば、きゅうり15本で一日のカリウムの推奨摂取量に届きます。ただ、食べ過ぎも良くないので、あまり意識しすぎる事はないかもしれませんね。

カリウムには塩分の排出を助ける効果があり、血圧を下げる働きもありますカリウム汗と共に流れてしまうので、夏は特に体内に不足しがちになります。それにより夏バテを引き起こす可能性があるので、きゅうりを食べることで体を整えたいところですね。きゅうりは水分を多く含むので、夏には特にもってこいの食材と言えます。

 

bonchoko.com

 

 

bonchoko.com

 カリウムの摂取にはこちらも参考にしてください。

 

注意点

きゅうりは体を冷やす効果があるので、食べ過ぎには注意したいです。特に冷え症などのある方は要注意です。僕はきゅうりの浅漬けが好きで、ついつい食べ過ぎてしまいます。やはりお腹を下しやすくなっていたりと、冷えを感じることがあったので、食べ過ぎには注意していますね。

また、カリウムの取り過ぎは腎臓に負担がかかるので、その点も注意が必要です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はきゅうりのお話でした!

体を冷やす、水分補給にもなる、と言ったことから、夏に特に向いている食材かと思います。食べ過ぎは良くないですが、夏バテ防止の為にもちょこちょこと食べていきたいですね。

 

毎日コツコツと積み上げていきましょう!

 

では今回はこの辺で。

ありがとうございました!!