ボンチョコ

健康について、自分の経験を交えて話せたらと思います!

【お味噌汁に】あさりの効果、効能【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はあさりについて。

f:id:bonchoko:20210601093344j:plain



 

 

はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

こればっかりは仕方のない事ですが、せめて食事などは気をつけたいですね。

若い頃のように、食べたいものを好きなだけ、、、というのはダメなようです(笑)

 

同じく夜勤で従事されている方はもちろん、食生活の見直しや病気の予防など、この記事が少しでもお役に立てたらと思っております。ぜひ最後までご覧になっていってください。

 

では今回もいってみましょう!

 

 カリウム

f:id:bonchoko:20210601093526j:plain

塩を排出する効果があります。塩分の取り過ぎを防ぐ、むくみも予防してくれますね。

非常に重要な栄養素と言えます。カリウムは水に溶けるので、みそ汁にして食べると栄養を余す事なく摂取出来そうですね。

 

bonchoko.com

 こちらも参考にして下さい。

 

ビタミンB12

貝類で最高クラスのビタミンB12の含有量を誇ります。ビタミンB12は、血液を作るのに重要な役割を担ったり、神経の機能を保つ役割があるとされています。不足すると、貧血等を引き起こします。あまり不足しないと言われている栄養素ですが、高齢の方や妊娠中の女性は要注意とされていますね

 

bonchoko.com

 ビタミンKや葉酸についてはこちらで触れております。合わせて参考にして頂けたらと思います。

 

カルシウム

f:id:bonchoko:20210601121458j:plain

あさりにはカルシウムも豊富に含まれています。カルシウムが不足すると、骨や歯が弱くなるとされています骨粗しょう症の原因にもなるので、しっかり摂取しておきたいですね。ちなみに取り過ぎもダメだとされています。便秘などの原因となるので、適度に取っていきましょう。18歳以上の女性で一日に650mg、男性は各年齢層で若干の幅がありますが、650~800mg(下記参照)が目安とされています

18歳~29歳 800mg

30歳~49歳 650mg

50歳以上  700mg

 

亜鉛

ビタミンCと一緒に摂取すると効率的とされる亜鉛も、あさりに豊富に含まれていますミネラルの一種で、免疫力向上に一役かっています新陳代謝細胞分裂の向上にも必要なもので、不足すると貧血や脱毛、皮膚に影響が出るとされています。またカルシウムと同様、骨粗しょう症の原因ともなるので、不足を補う食事をしていきたいものです。そういう意味では、あさりはお手頃に栄養を得られる食材と言えますね。

 

bonchoko.com

 ビタミンCに関してはこちらもどうぞ。

 

タウリン

タウリンアミノ酸の一種です。あさりの旨み成分となっています。他にもしじみやホタテなどの貝類や肉類、魚類に含まれています。カリウムと同様、水に溶けだすのでスープなどで効果的に摂取したい栄養素ですね。血圧を調整する、肝臓の解毒作用、糖尿病予防などの効果が期待出来ます。

 

まとめ

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

いかがだったでしょうか?今回はあさりのお話でした!

このブログでは出来る限りコンパクトに健康に役立つ情報をお話しています。

この記事を参考に、色々試してみて下さいね。

 

皆様にとって健康について考えるキッカケになれば幸いです。

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!