ボンチョコ

目指せ社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!と時々健康を気にします!

白菜はお鍋で食べるべき?カリウムの特徴【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は白菜について。

f:id:bonchoko:20210530145226j:plain

お鍋や汁物、またまた煮物など、色々な料理に使用出来る万能野菜ですね。

9割以上が水分だとも言われますが、もちろんちゃんと栄養もあります。

題名にもあるカリウムや食物繊維、ビタミンCなどですね。またイソチオシアネートと

いう聞き慣れない言葉も出てきます。簡単ではありますが、一つ一つ説明していくので、良ければ最後までお付き合い下さい。

 

 

はじめに

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

こればっかりは仕方のない事ですが、せめて食事などは気をつけたいですね。

若い頃のように、食べたいものを好きなだけ、、、というのはダメなようです(笑)

 では今回もいってみましょう!

 

同じく夜勤で従事されている方はもちろん、食生活の見直しや病気の予防など、この記事が少しでもお役に立てたらと思っております。

 

それではいってみましょう!

食物繊維

白菜には食物繊維が豊富に含まれています。白菜の食物繊維は水溶性となっており、余分な糖や脂質を外に出してくれる働きがあります。キムチなどと組み合わせると、乳酸菌とあいまって、腸内環境の改善や便秘解消等の更なる効果が見込めます。

 

bonchoko.com

 キムチについてはこちらも参考にして下さい。

 

bonchoko.com

 同じ水溶性食物繊維ではオクラもオススメです。

 

カリウム

f:id:bonchoko:20210530145749j:plain

カリウムも豊富に含まれており、塩分の排泄を促してくれます。また、この事で血圧も下げてくれます。このカリウムは水に溶けだすので、スープにして食べたり、お鍋でもお汁も頂くようにするといいですね。また、納豆とも相性が良いので、白菜キムチ+納豆なんて組み合わせでもこのカリウムを効果的に摂取出来ます。

 

bonchoko.com

 カリウムについてはこちらもどうぞ。

 

bonchoko.com

 納豆についてはこちらも参考にして下さい。

 

ビタミンC

f:id:bonchoko:20210530145532j:plain

レタスの約4倍のビタミンCが含まれており、風邪をひきにくくする効果があります。冬が旬の野菜という感じがしますね。白菜の葉の方に豊富に含まれています。

 

イソチオシアネート

白菜に含まれるイソチオシアネート動脈硬化やがんを防いでくれます。これは白菜の辛みの部分の成分とされています。消化も助けてくれるので、胃腸が弱っている時は食べるといいですね。風邪をひいている時にも効果的です。ブロッコリーなどにも含まれている栄養素で、合わせて抑えておきたいですね。

 

bonchoko.com

こちらも参考にして下さい。

 

βカロテン

外側の葉の部分にはβカロテンも含まれています。これは多くが体内でビタミンAにかわり、新陳代謝が活性化し美容の面でも効果を発揮してくれます動脈硬化や生活習慣予防などにも効果があり、抗酸化作用によるアンチエイジングも期待出来るものとなっています。

 

bonchoko.com

 βカロテンについてはこちらもどうぞ。

 

まとめ

f:id:bonchoko:20210613223723j:plain

いかがだったでしょうか?今回は白菜のお話でした。

冬はもちろん、一年を通して食べていきたいですね。手っ取り早くお鍋にして食べるのが一番良いのではないでしょうか?栄養の面も考えながら、負担の少ない献立で効果的に取り入れたいものです。

 

健康は一日にしてなりません。毎日コツコツ積み重ねていきましょう!

この記事が皆様の健康を作る参考になれば幸いです。

 

では今回はこの辺で!

ありがとうございました!!