ボンチョコ

目指せ社員!!36歳飲食アルバイトの飽くなき挑戦!!と時々健康を気にします!

【朝の味方】オートミールを試してみよう!【夜勤の筆者が健康を気遣う】

こんにちは!ボンチョコです。

 

僕は夜勤勤務なのですが、体調が崩れやすくなり健康には気を遣うようになりました。

30代半ばということもあり、夜勤自体が体に負担がかかっているようです。

個人差があるので、ほとんど影響を受けない人もいるようですが、、、

 

こればっかりは仕方のない事ですが、せめて食事などは気をつけたいですね。

若い頃のように、食べたいものを好きなだけ、、、というのはダメなようです(笑)

 

 

ということで今回はオートミールについてです!

 

 

 

f:id:bonchoko:20210519114257j:plain

はじめに

朝あまり食べられない方や、そもそも少食な方には特にオススメではないかなと思っております。また、様々な栄養素が含まれているので、健康を作る上で選択肢の一つになりうるのではないでしょうか?ここではその代表的な効果効能について触れていますので、参考にして頂けたらと思います。

では今回もいってみましょう!

 

オートミールの原料、オーツ麦 

オートミールの原料はオーツ麦、またはえん麦といいます。コーンフレークなどのシリアルに分類されますね。

ヘルシーなイメージがありますが、意外とカロリーが高いです。食物繊維豊富で、食べれば食べるほど良いというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

後述している栄養価の面では非常に優れているので、適切な場面で適切な量を食べることが健康を形成する秘訣と言えそうです。

 

たんぱく質

注目したいのはたんぱく質の値です。オートミールたんぱく質が豊富に含まれていて、100gあたりの含有量は約13.7gとなっています。これは白米が約6g、玄米が約7g程度なので、オートミールはこれらの2倍のたんぱく質がある事が分かります。筋トレをしている方が、オートミールを重宝する理由が分かりますね。また、良質なたんぱく質は痩せやすい体をつくります。この事からダイエット等に向いている事も分かります。

 

ちなみにオートミールアミノ酸スコアは「100」となっています。これは表示されているたんぱく質をしっかり数値通りに摂取出来ることを表すもので、100という数値はすごく優秀なものとなります。アミノ酸スコアが低いものであれば10g含まれているはずのたんぱく質も、実際は5g程度しか取れていないということがあります。このアミノ酸スコアにも注目していきたいですね。

 

  たんぱく質などに関してはこちらの記事もどうぞ!

bonchoko.com

 

 

食物繊維

白米の約20倍、玄米の約3倍の食物繊維が含まれています。水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているので、腸内環境の改善に効果が期待出来ます。便秘解消などに特に効果的ですね。

 ちなみにですが、不溶性の食物繊維に偏ると、便秘などは更にひどくなる可能性があります。不溶性はブロッコリーなどに多く含まれる食物繊維です。対して水溶性の食物繊維はワカメなどが挙げられます。これらをバランスよく取ることが重要なので、オートミールは打ってつけのものと言えます。

 

 

 ブロッコリーについてはこちらもどうぞ!

bonchoko.com

 

 食物繊維についてはこちらも!

bonchoko.com

 

GI値

オートミールGI値が低い食べ物で、数値で表すと55とあります。これは玄米と同程度とされています。白米の方がこの数値は高くなっていますね。GI値血糖値上昇に関する数値で、これが高いと血糖値が上がりやすくなり、脂肪がつきやすくなるなど体が太りやすくなる原因になりますこれが低いということは、それだけでヘルシーでダイエットにも最適といえますね。このGI値を意識していけるといいのかなと思います。

 

 注意点

ここまでお話してきましたが、僕はオートミールは合いませんでした。というのもお腹を下しやすくなってしまったんですね。元々お腹がゆるいのですが、それも相まって色々な事が作用してしまったのかなと思いました。逆に言えば、オートミールの効能の凄さを知った感じでもありました。

このように、どれだけ健康に良いとあっても自分には合わないものがあります。

その時は、自分の感じ方を大切にしてほしいなと思います。色々試してみて、合うものをどんどん取り入れて続けていってほしいです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はオートミールをご紹介しました。

うまく活用して健康を維持していきたいですね。筋トレにもダイエットにも効果的です!

健康は一日ではなりません。地道にコツコツ積み上げていきましょう!

 

では今日はこの辺で!

ありがとうございました!!