ボンチョコ

仕事への取組みやモチベーション維持の考え方など!!副業でドラム講師もやっています!!

【ドラム基礎練習・変拍子編】4分の3拍子での練習方法①【16分、3連符、6連符他】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は4分の3拍子での練習方法!頑張っていきましょう!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしております!!

今回は4分の3での練習方法をご紹介します。

 

bonchoko.com

基本の4分の4に慣れていると戸惑うかもしれませんが、数をこなすことで出来るようになると思います。軽い脳トレにもなりますね。今季良くやっていきましょう!

16分音符を練習

が16分の譜面となります。上に書いているのは手順ですね。

 

bonchoko.com

カウントをしながら練習していきましょう。バスドラもちゃんとつけてですね。

 

bonchoko.com

bonchoko.com

アクセントもつけてやってみましょう!!

3連符での練習

は3連符ですね。4分の3の場合は小節毎にアタマの手順が変わるので注意が必要です。やはりカウントをしっかりとって練習したいところです。

 

bonchoko.com

一番右にあるものは手順のバリエーションですね。スティックコントロールの練習と、同じフレーズでもニュアンスを変えるという狙いがあります。2つ打ち部分に特に注意しながら練習してみてください。1つ打ち部分にアクセントをつけてみても良いかと思います。

 

bonchoko.com

5連符での練習

は5連符となります。基本的には3連符と同じですが1拍あたりの打数が多いので、3連符よりゆっくりのbpmで練習してみてください。一番右にあるものは同じく手順が変わったものとなっていますが、5連符に関してはこっちの方が大事かなと個人的には思います。まずは滞りなく打てるように取り組んでみてください!

 

bonchoko.com

6連符での練習

が6連符です。比較的練習しやすいのではと思います。カウントに気をつけてガッツリやっていきましょう。

 

bonchoko.com

手順も変えたりしたいですね。

 

bonchoko.com

16分パラディドルでの練習

最後はパラディドルですね。基本のパラディドルのみの記載ですが、他のものを使用して頂いても大丈夫です。

 

bonchoko.com

3連符等と同じで、小節毎にアタマの手順が変わります。4分の3などの「変拍子」特有の現象ですね。戸惑うことのないよう練習しましょう。スリルがあって楽しいと思いますよ!

 

bonchoko.com

さいごに

今回は4分の3での練習方法をご紹介しました!

基本的には4分の4と変わりありません。変拍子を毛嫌いせず、楽しんで取り組んでみて欲しいです!

 

bonchoko.com

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!

【ドラム基礎練習】8ビートのシンコペーションパターン【小節を飛び越える!】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はシンコペーションを使ったパターンについて。

はじめに

ドラムを叩く上で避けては通れないのが「シンコペーション」ですね。理屈を言ってしまうとシンコペーションを全くしない楽曲は珍しく、何かしらでこの要素は使用されています。

その中でも今回はシンバルを使って、色濃くシンコペーションしているパターンをご紹介します。シンコペーションの入門編とも言える感じですね。ここでしっかり土台を作って欲しいと思います。

 

楽譜 PCM22 輸入 現代ドラマーのためのシンコペーション奏法 / ロケットミュージック

価格:1,430円
(2022/5/2 12:42時点)
感想(0件)

シンコペーションのパターン

のパターンを使用してご説明します。

ハイハットを〇で囲んであるのはクラッシュシンバルになります。普通はオモテにシンバルは入るのですが、1小節目の最後のようなウラにシンバルが入るものがあります。

これが今回注目したい「シンコペーション」の部分となります。2小節目にかけて飛び越えていくイメージですね。難易度はそれほどかと思いますが、イメージがわいてこないと戸惑うかもしれません。

ちなみにシンコペーション部分は音楽記号の「タイ」が使われています。かかっている後ろ側の音符は叩かないので注意しましょう。

 

bonchoko.com

≪point≫

は練習する際の参考になるかと思います。まず上段の部分まで叩いて止まります。シンコペーションのシンバル部分まで叩く感じですね。そこまでスムーズにいけるようであれば、下段の方にチャレンジしてください。赤丸で囲んだ音符が最大のポイントで、ここまでしっかり叩けるようになれば9割方習得したも同じかと思います。

タイでかかっている部分を抜いて演奏することになるので、赤丸の部分でテンポが崩れちゃったりします。そこをしっかり乗り切れるよう、メトロノームを使って丁寧に練習してみてください。

シンコペーションする部分が多くなったパターンです。少し難しくなっていますが、が出来るようになれば取り組んでみてください。慣れれば楽しいですよ!

 

bonchoko.com

フィルインがプラスされたパターンです。

 

bonchoko.com

シンコペーションをしっかり演奏して、かっこよくフィルインをキメたいですね。

さいごに

シンコペーションのパターンについてのお話でした!ドラマーとしても音楽家としても「必須」の部分かと思います。頑張って練習しましょう!

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしております!

 

bonchoko.com

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!

【速すぎて叩けない時にも】ドラム8ビートの応用編【基礎が出来ていれば余裕です!】

こんにちは!ボンチョコです。

今回は8ビートの応用編。速すぎて叩けない場合にも使用したいパターン例をご紹介!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしています!!

はじめに

今回は8ビートのお話となります!

 

bonchoko.com

bonchoko.com

8ビートの応用とありますが、ニュアンス的には「4ビート」ですね。ただ、4ビートは基本的にジャズで用いるビートの事を言うことが多く、混同されがちです。

僕も今回のようなパターン、フレーズで4ビートと呼ぶのは抵抗があり、どう記述しようか迷ってしまいました。

ですので、この記事では8ビートの応用ということでお話していこうと思います。

ロックやパンク系の音楽で使用頻度が高く、速すぎる8ビートの曲を叩く時に、簡易的な処置として使用される事も多いです。ぜひ覚えてもらって演奏に役立てて頂けたらと思います!

叩き方を譜面でチェック

が基本の8ビート、がその応用となるものですね。

は普通の8ビートの「ウラ拍」がなくなったもので、バスドラはそのまま叩きます。曲の雰囲気的にこっちの方が合うので使用する場合と、速すぎる8ビートに手がついていかないといった時に使用する場合があり、覚えておくと臨機応変に対応出来るようになります。僕はbpm190を超えだすとの方で叩き出しますね。全体の演奏に余裕があった方が、自他ともに安心できるかなと思うからです。

≪point≫

非常に叩きやすいパターンですが、テンポが崩れがちです。このパターンだけに当てはまるわけではないですが、テンポキープの要は「2拍4拍のスネア」にあります。

このスネアをしっかり叩くことで、パターン全体のテンポを落ち着かせることが出来ます。もちろん演奏全体の雰囲気も落ち着くので、テンポキープには2拍4拍のスネア!と覚えておきましょう!!

フィルインを効果的に入れる

③、④、⑤はそれぞれ1拍、2拍、1小節のフィルインとなっています。ちなみに小節中の/はのパターンと同じものを叩いていると思って頂けたらと思います。

 

bonchoko.com

このパターンを使用している時は、基本的にbpmが速い曲を叩いている場合が多いので、その上でフィルインをあてています。(遅い曲でももちろん使用します)

は16分音符、④と⑤は8分音符でのフィルインです。

 

bonchoko.com

速い曲では8分音符でのフィルインが充てやすいです。16分音符のものでも大丈夫ですが、かなり速い連打が要求されるので、慣れないうちは注意が必要です。どちらにしても臨機応変に対応できるよう、しっかり練習しておきましょう!!

さいごに

今回は8ビートの応用にあたるビートのご紹介でした!

もしかしたら基本の8ビートより先に覚えた人も多かったかもしれません。

僕も幼稚園くらいの生徒さんには、こっちを先に教えたりしますね。打数が少ないので、簡単に曲を叩けることが魅力な奏法とも言えます。

 

ということで今回はここまでです!

お読み頂きありがとうございました!!

また次回お会いしましょう!!

【ドラム基礎練習】6連符の応用フレーズとパターン+フィルインの形【手順に注意!】

こんにちは!ボンチョコです。

6連符の二回目となります!!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしております!!

はじめに

6連符の応用のフレーズと、パターンからフィルインの形のお話です!

 

bonchoko.com

基本の方では手のみのフレーズでしたが、今回は足も絡めたものとなります。フラムなどルーディメンツと絡めても面白いですね。ほんの一例ですが、こちらも載せております。ぜひ毎日の基礎練習に取り入れて頂けたらと思います。

 

bonchoko.com

基本をおさらい

が基本の6連符フレーズとなっています。上に書いているのは手順で、左側はオーソドックスなもの、右側は少し応用の効いたものとなっています。まずは左側をしっかりやって、余裕が出てきたら右側を練習するのが良いでしょう。

≪point≫

ドラムセットで練習する際は、スネアだけでなくタムなど他の部分でも叩いてみましょう。特にフロアタムは歯ごたえがありますよ。スネア→ハイタム→ロータム→フロアタムの順にリバウンドが使いにくくなってきます。簡単に言うと、叩いた際のスティックの「跳ね返り」があまり期待出来ないんですね。

とりあえず百聞は一見にしかず!試してみて色々と体感してみてください!!

足を絡めたフレーズ

のフレーズで、足が要所で2つ連続で入ってきます。慣れるまで難しいですが、演奏でも使えるものも多く、練習する価値はあると思います。上段の一番右のフレーズは、実際に使われていたものです。スキマスイッチのとあるシングル曲なので、興味があれば探してみてください。敢えて曲名は伏せておきます(笑)ヒントはアニメの主題歌!!

≪point≫

最後にフラムを絡めたものもご紹介しています。

 

bonchoko.com

フラムを絡めると音の幅が広がり、また違った感じになります。フラムさえある程度扱えれば、お手軽にニュアンスを変えていけるのでオススメです。譜面に書いてあるのはほんの一例になるので、興味があればご自身で色々作ってみてくださいね。もちろんフラム以外の要素でも面白いと思いますよ!

 

bonchoko.com

フットワークに不安があれば、こちらも参考にしてください!

8ビートのパターンからフィルインとして当てはめる

③と④はそれぞれパターンから一拍&二拍のフィルインとして6連符を用いています。

 

bonchoko.com

譜面には基本のフレーズを載せていますが、他のフレーズも当てはめてみてパターンとセットで練習してみてください。フィルインを当てはめる時のコツは次の小節との兼ね合いを考えることです。次の小節のパターンやフレーズが叩きにくくなるようなフィルインは、あまり良いとは言えません。個人差があるので、とにもかくにも試してみることが重要ですね。自分の感覚を大切にしましょう!

さいごに

今回は6連符についての記事でした!この記事だけでもかなり練習する事が増えたかと思います。メトロノームを使用して、一つ一つ丁寧に取り組んでみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!

【ドラム基礎練習8ビート編】ハイハットの叩き方初級編!【オルタネイトスティッキングや裏打ちなど】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はハイハットの叩き方をお話します!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンやっております!!

はじめに

8ビートを演奏する際、ハイハットは必ず触るものかと思います。その叩き方には色々な種類があり、曲の速さや雰囲気によって使い分けると良いとされているものがあります。

今回はその代表的なものをご紹介していきたいと思います。大きく三つに分かれていますので、それぞれ練習していって頂けたらなと思います!それではいってみましょう!!

ハイハットの打ち方

は8ビートの基本系の一つとなっています。これを元に解説していきますね。

 

bonchoko.com

さっそくに移りたいと思います。

一般的に「オルタネイトスティッキング」と言われている叩き方で、ハイハットのオモテの方にアクセントがついています。オルタネイトというのが、交互に叩くという意味があり、アクセントをつけてジグザグになるようなニュアンスで演奏するものです。

スティックのチップと言われている部分でノンアクセントを叩き、先端から三センチくらいのところでアクセントの部分を叩きます。もちろん個人差はあるので、ご自身で叩きやすい部分を見つけて頂きたいです。

≪point≫

これも人によりますが、この叩き方は比較的速い曲を演奏する時に使用されやすいです。もちろんの叩き方でも速く出来るのですが、こちらの方がスピードはでやすいのかなと思いますね。どちらにしても、行いたいタイミングで使用出来るよう練習しておくことが大事かなと思います。使えるけど使わないのと、使えないから使わないでは精神的に全然違いますからね。チャレンジしてみてください!

 

bonchoko.com

ウラを強調するパターン

と逆のアクセントになっています。これもオルタネイトスティッキングと言えますが、どちらかというとのパターンも含めて「裏打ち」と言う人が多いという印象です。便宜上の問題をのぞけば、呼び方はどちらでも良いでしょう。

裏打ちの方が最初は圧倒的に「練度」が低いかと思います。僕的にはこの③と④を先に練習した方が良いと思っていて、非常に大切なパターン、要素と言えます。

≪point≫

のパターンはこの先幾度となく目にすると思います。バスドラのパターンも変わることがありますが、まずはこの基本の形をしっかりマスターしましょう。

おわり

今回は8ビートにおけるハイハットの打ち方をお話しました!

 

bonchoko.com

 

bonchoko.com

組み合わせて練習してみましょう!!

 

bonchoko.com

 

一つ一つ丁寧に取り組んでみてくださいね。コツコツ毎日やるのがコツですよ!

最後までお読み頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!

【拍子の考え方】4分の3と8分の6の違い【ドラムレッスン】

こんにちは!ボンチョコです。

拍子の違いについてのお話となります!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしております!!

 

bonchoko.com

 

はじめに

4分の3と8分の6はご存知でしょうか?1小節の中に4分音符が3つあるものが前者、8分音符が6つあるものが後者になります。

どちらも全く違う性質の拍子なのですが、意外とこの二つは混同しがちです。特に8分の6を「3拍子」と捉えてしまうと、少し引っかかってしまいますね。

今回はこの拍子のお話を分かりやすくお伝えしたいと思います。ドラムを叩く際など、何かのお役に立てればと思います!それではいってみましょう!!

「拍子」の違い

①と②はそれぞれの拍子での譜面です。

結論から言うと、4分の3は「3拍子」、8分の6は「2拍子」となります。3拍子は4分音符3つ分、2拍子は2分音符が2つ分ということになります。

3拍子は「ワン、ツー、スリー、」2拍子は「ワン、ツー、ワン、ツー」と数えます。この時点でこの二つが大きく違うという事がお分かり頂けると思います。

 

bonchoko.com

ぜひ①と②の譜面を使用し練習してみてください。

カウントをしっかり取っての練習がオススメです。8分の6は細かく「いちにーさんしーごーろく」と音符全てを数えて練習してもOKです。2拍子という事を頭に入れておくことが重要ですね。

ドラムセットで試してみる

③と④はドラムセットでのパターンです。バスドラが付点になっているのは、8分音符3つ分だからです。休符で表すと、この二つの拍子が違うことがより分かるかなと思います。バスドラの位置も自分で変えながら練習してみてください。

≪point≫

自分でパターンを作成し、それを練習することは非常に効率の良いやり方です。与えられたものばかりでなく、自分で考えることが大切ですね。そうしているうちに自分だけのオリジナルのパターンも出来るかもしれません。バンドでオリジナル曲を演奏する際の練習にもなりますね。頑張ってください!!

さいごに

今回は拍子の違いについてのお話でした!!

少し小難しい話になってしまいましたが、参考になっていれば嬉しいです!

 

bonchoko.com

こちらも参考にしてください!!

 

ここまでお読み頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!

【ドラム基礎練習】サンバキックでフットワークを強化【中級者以上向けです!】

こんにちは!ボンチョコです。

今回はサンバキックをご紹介!!

 

【nakachanドラムスクール】大阪or奈良でレッスン!最寄りのスタジオ等まで伺います!1h3500円〜 (ボン) 大阪のドラムの生徒募集・教室・スクールの広告掲示板|ジモティー (jmty.jp)

大阪、奈良でレッスンしております!!

はじめに

サンバキックと聞いて、ピンとくる人はどれだけいるでしょうか?

様々な楽曲や演奏を聴いてきましたが、サンバキックを取り入れているものを聴いた経験はほとんどありません。練習する為に探して聴いたことはありますが。

自分自身の演奏で使用した事もほとんどありません。もちろん個人差はあると思うのですが、サンバキック自体に出会う機会ってあまりないんですね。

じゃあ手をつけなくて良いのか?いえいえ、これをやらないなんてとんでもありません。ドラムを練習していく上で、避けては通れないものといっても言い過ぎではないでしょう。

特にバスドラの練習には持ってこいで、僕もこのサンバキックを練習したことで、フットワークがかなり鍛えられました。もちろん手も使った、ドラムセット全体での練習にもなります。4wayトレーニングも兼ねて、ぜひ毎日の練習に取り入れてみて頂けたらと思います!ではいってみましょう!!

サンバキックの基本形

が一応の基本形となります。

バスドラの16分の1つ目と4つ目を「ドーンドドーンドドーン・・・」となるように踏めばサンバキックは完成ですが、ドラムセット全体と両手両足を全部使用したいので、この形を基本としています。右手はライドシンバル、左手はスネアで左足はハイハットを踏みます。スネアと左足ハイハットが拍の「ウラ」に来るようになっているので、ここでしっかりテンポをキープしましょう。

≪point≫

最初は両足のみで練習するのが良いでしょう。ウラ拍をしっかり取れないうちは、かなり難しく感じると思います。bpm80~で始めて、ゆっくりから慣れていってください。サンバキック的な爽快さを体感出来るのは120~になると思います。最終的には140辺りまで動くようになれば、かなりフットワークに自信が持てるようになりますよ!

サンバキックを基礎練習に使う


は基礎練習用のもので、サンバキックで行うものとなっています。

 

bonchoko.com

スネアで16分を打ち続けるという基本的な練習ですが、足をサンバキックにするだけでとても緊張感のあるものに変わります。テンポキープはもちろんですが、スネアの音の粒もしっかり揃える事も意識します。スネアの手順を左始まりにすると、更に難易度は上がりますね。スネアを叩く際の打点にも注意し、サンバキックに気を取られてショットが縮こまることのないようにしましょう。

≪point≫

右端の方には16分フレーズの別のものを書いています。これらも足をサンバキックに変えて練習してみましょう。

また、はアクセントをつけたフレーズです。サンバキック部分がアクセントになるとすれば、それ以外の部分のアクセントをスネアで埋めているフレーズとなっています。これも難しいですが、ぜひチャレンジしてみてください。

 

bonchoko.com

bonchoko.com

サンバキックで3拍フレーズ

bonchoko.com

は3拍フレーズを使用したものです。このフレーズについては上記記事をご確認ください。

アクセントの位置が一拍ずつ変わること、そして3拍ずつ進行する事への緊張感が練習効果を高めてくれます。左足のハイハットでウラ拍をしっかり意識し、フレーズにとらわれてテンポキープが疎かにならないように練習していきましょう!

 

bonchoko.com

さいごに

サンバキックでの練習方法をご紹介しました!!

中級者以上の方向けですが、譜面が読めそうであれば初級の方でもぜひ練習してみてください!チャレンジあるのみ!ですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!!